このサイトは気になる事や趣味・体験談を書いていきます。

四季折々factory

神社/御朱印

烏森神社書き置きの限定御朱印をオシャレに保管する方法を紹介

投稿日:

烏森神社

烏森神社

東京都新橋に鎮座する烏森神社ですが、近年の御朱印ブームにより烏森神社のカラフルな御朱印目当てに参拝に訪れる方も多く、メディアでも紹介されるほど人気の神社です。

烏森神社の御朱印はカラフルで文字も味があって、とにかくかっこいい。

特に限定の御朱印を目当てに大勢の方が授与所に並んでいて人気です。

私も色々な神社で御朱印を頂いてますが、書き置きのみの神社も結構あって、烏森神社の限定御朱印も御朱印帳に書き入れではなく、書き置きの授与になります。

みなさんは頂いた書き置きの御朱印をどのように保管していますか?

私は、烏森神社の御朱印が特に気に入ってるので、烏森神社の限定御朱印を頂いたときは別で保管していますので紹介します。

スポンサーリンク
  

烏森神社の基本情報

・所在地

東京都港区新橋2‐15‐5

新橋駅徒歩約5分

・御際神

倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)

天鈿女命(アメノウズメノミコト)

瓊々杵尊(ニニギノミコト)

・ご利益

商売繁盛

技芸上達

家内安全

神社の縁起から必勝祈願の成就などのご利益があるとされてます。

・地名の由来

烏森の地は、古くこのあたりが武蔵野国桜田村と呼ばれていた時代には、江戸湾の砂浜で、一帯は松林でした。

そのため当時この地帯は「枯州の森」あるいは、「空州の森」と言われてました。

しかもこの松林には、烏が多く集まって巣をかけていたため、後には「烏の森」とも呼ばれるようになりました。

それが烏森という名の起こりです。

明治以降昭和7年まで町名として使われていましたが、その後新橋に改められ、今では新橋駅の烏森口と烏森神社にその名をとどめています。

・神社の創始

スポンサーリンク

平安時代の天慶3年(940年)に、東国で平将門が乱を起こした時に、むかで退治の説話で有名な鎮守将軍藤原秀郷が、武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐がやって来て白羽の矢を与えました。

その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、秀郷はお礼に一社を勧進しようとしたところ、夢にまた白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げました。

そこで桜田村の森まで来たところ、夢のとおり鳥が群がっていたので、そこに社頭を創建しました。

それが、烏森稲荷の起こりであると言われています。

その後、明治6年にこれまでの烏森稲荷の社名を烏森神社と改め、新橋烏森の守り神として多くの人々の信仰を得ています。

(烏森神社頒布資料より)

烏森神社の書き置き限定御朱印保管方法

書き置きの御朱印を頂いた時には多くの人が液体のりやスプレーのりなどを使って御朱印帳に貼り付けをしてると思います。

クリアファイルに保管している人もいたりと保管方法は人それぞれです。

最近では、書き置き専用のホルダーが売っていたりしていて、私の友人もクリアファイルに保管していますが、先日専用ホルダー買おうか迷ってました。

私は書き置きの御朱印を頂いたら基本的には御朱印帳にのりで貼り付けしています。

しかし、烏森神社の限定御朱印がとにかく好きすぎて御朱印帳に貼るのではなく、家宝のように大事に家に飾るようにしました。

烏森神社 限定御朱印

烏森神社 限定御朱印

写真を入れる額に入れ大切に保管しています。

大事に保管出来るし、オシャレになるので個人的にはおすすめです。

友人などにとても好評です。

みなさんも自分なりの保管をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

烏森神社の書き置き限定御朱印保管方法を紹介しました。

書き置きの御朱印を御朱印帳に貼り付けたり、専用ホルダーに入れたり、保管方法は人それぞれです。

しかし、頂いた御朱印を粗末に扱わずに大事に保管するようにしましょう。

自分なりの保管方法を探してみるのも楽しみの一つになるかもしれません。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-神社/御朱印

Copyright© 四季折々factory , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。