このサイトは気になる事や趣味・体験談を書いていきます。

四季折々factory

神社/御朱印

埼玉県川口市九重神社のご利益は?見開き御朱印がかっこいい!

投稿日:

埼玉県川口市に鎮座する九重神社。

先日、九重神社に三度目の参拝に行って来ました。

九重神社は高台に鎮座しているので、空気も澄んでいて境内から眺める景色も最高の神社です。

御朱印の種類も多く、御朱印をもらいに多数の参拝者が九重神社に訪れます。

ここでは、九重神社のご利益や見開き御朱印などを紹介します。

スポンサーリンク
  

九重神社の基本情報

九重神社の御由緒

・御縁紀(歴史)

 大宮台地の先端部に位置し、久保山と呼ばれる丘に当社は鎮座している。

この久保山は、その昔、平将門が砦を築いたという言い伝えがあるように、周囲の村々がよく見渡せ、当社境内の御嶽山に登れば筑波山や日光連山を一望することができる。

また、境内には樹齢五百年以上のスダジイの大木が二本あり、市指定天然記念物になっている。

 『風土記稿』原村の項に「氷川社 本地十一面観音を安す、村の鎮守にて別に供免を附す」とあるように、当社は元来は氷川社といい、享保年間(1916‐36)境内の西に隣接する真言宗の密蔵院の中興第一六世法印栄尊が武蔵一宮氷川神社を勧請したことに始まると伝える。

明治に入ると、神仏分離によって別当を離れ、原村の村社になったが、政府の合祀政策に従い、領家の神明社・慈林の氷川稲荷合社・藤八の菅原社・吉蔵の八幡社・北谷の稲荷社・花栗の稲荷社・苗塚の稲荷社・小山の氷川社という近隣の村社が八社をはじめとした計三二社が当社に合祀された。

そのため、当社は、村社が九社重なった神社ということから九重神社と改称した。

 太平洋戦争の敗戦により人心は混乱し、境内は浮浪者の塒と化し、昭和二十三には失火により社殿が焼失した。
これを機に、氏子は心を一つに再建に励み、同二十六年十月十五日、現社殿を落成させた。

(九重神社の掲示板より)

とても難しいことが書いてありますが、九重神社の歴史を知ることで違った角度から神社を見ることができますね。

九重神社のご利益

御祭神

・素盞鳴尊 (すさのおのみこと)

合祀神

・倉稲魂命
・天照皇大御神
・保食命
・菅原道真公
・大山祗命
・伊弉諾命
・伊弉冉命
・日本武尊
・大己貴命
・市杵島姫命
・木花咲耶姫命
・少彦名命
・大日孁貴命
・彦火々出見命
・応神天皇
・猿田彦命

スポンサーリンク

ご利益

・災難除け
・安産
・家内安全
・商売繁昌
・病気平癒

などのご利益があるとされています。

境内には樹齢五百年以上のスダジイという二本の大きな御神木があります。

二本のスダジイは市指定天然記念物になっていてとても迫力があり、この御神木は九重神社の御朱印にも描かれています。

九重神社のかっこいい見開き御朱印

九重神社では御朱印の種類が数多くあります。

・九重神社・三ッ氷川神社 御朱印(初穂料300円)

・スダじい御朱印(初穂料400円)

スダじい御朱印は毎月スダじいの押印が変わります。

・御神木 御朱印(初穂料800円)

御神木の御朱印は見開きの御朱印で、季節によって御神木の葉の色が変わります。

①御神木御朱印

②秋の御神木御朱印

③冬の御神木御朱印

④幻の桜安行桜の御神木御朱印

⑤春の御神木御朱印

⑥新緑の御神木御朱印

⑦梅雨の御神木御朱印

⑧夏の御神木御朱印

この8種類すべて受けられた方に⑨として黄金の御神木御朱印を頂くことが出来ます。

まとめ

九重神社はそんなに大きな神社ではありませんが、高台に鎮座していて境内から眺める景色も最高です。

御朱印の数も多く、見開きで頂ける御神木の御朱印もとてもかっこいいです。

九重神社に訪れて参拝してみて下さい。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-神社/御朱印

Copyright© 四季折々factory , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。